100均のキットで簡単チャレンジ!初心者向け・レジンアクセサリーの作り方

キラキラしていて欲しくなるレジンのアクセ。作るのが難しいように感じますが、手順さえ押さえれば意外と簡単に誰でも作る事が出来ちゃいます。

ここでは「安く、とりあえずチャレンジしてみたい!」という方に向け100均一キットを使ったレジンアクセの作り方・ポイント・をまとめていきます。

オリジナルアクセで、バッグやポーチを可愛くカスタムしみてはいかがでしょう!?

画像出典元:スリム

 

スポンサードリンク

 

まずは、買うものからご紹介

まずは100円均一で買うものからご紹介。

お店によってはない店舗もあります。大きめのショップもしくはセリアやキャンDoを狙いましょう。基礎的な材料から、応用に使えるかわいいモチーフまで幅広く扱っている店舗が多いですよ^^

ミール皿:チャーム

画像:はてブロ

アクセの土台となる部分です。これに、レジンを載せたり好きな紙やシール、組み込みたいモチーフなどを載せて作っていきます。100円だとワンパックに数個入っている他、手芸屋さんでは数十円〜数百円で購入できますので「かわいい!」と思えたものを手当たりしだい購入してしまうのもあり。

 

台紙

柄を一から自分で書くのは大変です。(特に初心者の場合は)自分が好きな柄の入った包装紙や和紙を使うと最速で可愛いアクセを作れます。これも100均一で気に入った柄を探してみましょう!

ラメ

無くても大丈夫ですが、使った方がキラキラ感・レジンのツヤ感をさらに強調することができます。金銀、赤などセットになったものを選ぶのが良いですね。(それでも100円で買えます)

その他:埋め込むもの

立体感のあるシールや、透け感のあるシートなども、アクセサリーをより本格的に見せるのに欠かせません。前述のチャームが売っているコーナーには、小さくてレジンに埋め込めるチャームも揃っています(はさみ、星・貝殻・花モチーフなど)

うまいこと埋め込むと、さらにプロの仕上がりに見えますよb

ボンド(木工)

チャーム(ミール皿)に、台紙を接着するときに使います。ノリだと強度不足・瞬間接着剤だと台紙が透けてベタベタになります。必ず「木工用」ボンドを選ぶようにしてください。

UVレジン(ソフトタイプ)

作るのが「レジンアクセサリー」なので必須ですね^^100円均一に行くと「ソフト」「ハード」と二種類のUVレジンが売っていますが、今回はソフトタイプがオススメ。伸びがよく埋め込むものを満遍なく綺麗にコーティングできます。

ハードタイプはミール皿やチャームを基盤としないアクセ用だと捉えておきましょう。

爪楊枝

ボンドやUVレジンを伸ばす、整える際に使います。最初から最後までで計4本くらいあると安心です。

 

以上が、レジンアクセサリーを100円ショップのもので作る際に必要な用具・材料です。このほか「UVランプ」もあると良いのですが(紫外線でUVレジンを数分で固めることができる)初めてであれば無理して買う必要はありません。

間はかかりますが日光でも4〜50分ほどあれば間違いなく固めることができますので、今回は無くても良いです。

 

簡単!100均一キットを使ったレジンアクセの作り方

では、画像を交えながら実際の製作手順をまとめていきます。最初にも書きましたが全く難しくはありません。焦らず・丁寧に・・・それさえ守れば、あなたにも可愛いレジンアクセサリーが作る事ができますよ♡

1・チャームにボンドをつける

まずは、チャームに木工用ボンドをつけましょう。あまり出しすぎないように気をつけながら、満遍なく塗りたくっていきます。

適量を出したら爪楊枝で伸ばします。ムラ無く、丁寧にやりましょう。(ムラがあると台紙が汚くなる場合あり)

2・台紙を載せて定着させる

用意してあった台紙を、ボンドの上に置いていきます。シワにならないよう、ピンセットなどを使って置くのがおすすめ。

だいたい乗っかったら上からなじませ、さらに平行にになるようにします。(強く押しすぎるとガタガタになったり、ボンドのでぬるっと滑ります。)

3・いよいよレジンをつけていく。

レジンアクセサリー作りの肝、レジンを載せていきます。なるべくチャームの中央を狙って、低い位置からレジンを垂らしましょう。この段階では、ほんの少し・全体になじむくらいで大丈夫です。

ボンドと同じように、爪楊枝(新しいも物を使います。さっき使ったやつはボンドが付いているので)で満遍なく伸ばしましょう。優しくやると、ムラになりません。

4・デコレーションをする

塗ったレジンの上に、シールや透明のシート、小さいチャームなどのデコ用品を置いていきます。間違った場所に置くと先ほど引いたレジンがムラになりますので、一発で決めたいところです。

ピンセットで細かいチャーム・ラメなども付けます。薄い物は裏返ったり斜めになったりしやすいので、ピンセットを使うのが良いですよ!作品のイメージに合わせて、細かいデコはつける量を調整してください。

デコレーションが終わったら、少しふっくらするくらい、再び上からレジンをせのばしていきましょう。これにより、ツヤやっぽいレジンアクセサリーになります。

伸ば際はデコレーションがずれないよう、注意してください。

5:放置開始!

画像はUVランプ内の様子。ランプ放置の場合は5分、日光の場合は数十分かかります。

どちらの場合も、固まるまでは触らないようにしましょう。半分固まった状態で触ると、指紋や埃が定着しやすいのでNGです!(やり直しがとってもしずらいです(汗))

6:完成!

これで完成です。あとはキーホルダー用のチェーン、ネックレス用の革紐などを付ければ完璧です。

以下のようなパターンも。基本の作り方は上記と同じですが、ベースのチャーッムや中に入れる物を変えるとバリエーションが広がります^^!

まずは、こんな感じに作るとことから始めましょう。これができれば、応用編のアクセはもちろん、小物のレンジ化にもチャレンジできますよ!

今までの手順動画


解説に使用した画像・動画:popon202様

 

スポンサードリンク

 

応用編:慣れてきたらこんなことも出来ちゃいます!

慣れてきたら、ほかの作り方やもっとおしゃれなアクセ作りにもチャレンジしてみましょう。

大人気の「宇宙柄」も、少し頑張れば自分で作る事が出来ます。「みんなに自慢できるすごいアクセを作りたい」という方はこちらも試してみてください。マニキュアやレジン用のカラーも100円均一で買えます。

 

気に入ったらスマホケースもレジンで作ってみよう

スマホケースにも応用可能!少し面積が大きいので、レジンやデザインに必要な物は多めに用意しておいたほうが良いかもしれませんね^^反対にやりやすさはサイズが大きいこちらの方が良いです。

 

スポンサードリンク

 

みんなも結構つくってるぅ〜♪

以下、実際にレジンアクセを作った方の感想・作品です。あなたも続いてみてください!

 

あとがき

以上、100均のレジンキットを使ったアクセサリーの作り方+応用編を紹介させてもらいました。「やってみたいかも!」と興味が湧いた方、100均へダッシュして材料を揃えに行きましょう!

はまると、どんどん新しいものが作りたくなります。趣味が欲しい方は是非チャレンジしてみてください^^

▶︎ミサンガで願いが叶うかも!簡単な結び方・付ける場所と色の意味はコレ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です