チアシードは食べ過ぎ厳禁?副作用・安全性はどうなのか。

痩せられる・健康に良いと話題のスイーパーフードであるチアシード。

少量で栄養をたくさんとれる・満腹感を得られる点から、綺麗を目指す女性を中心に大人気のヘルシー食品ですよね^^

ただ、気になることもあります。それが
「食べ過ぎは逆効果」
「副作用がある」
『安全性が怪しい」
などのネガティブなフレーズです。

ここでは、「安心してチアフードを食べ続けたい!」「食べる前にどんなものか、しっかりと確認したい」という方に向け、チアシードのネガティブな面の実態をまとめていきます。

画像出典元:Eduardo Mueses

 

スポンサードリンク

まず、食べ過ぎはやめた方が良い

味がほとんどなく、「栄養価が高い」というイメージのチアシード。

体に良いことは間違いありませんが、食べ過ぎは良くありません。過剰に摂取してしまうことでのデメリットは大きく二つあります。
「お腹がゆるくなりすぎる」
「カロリーを摂りすぎてしまう」

これらが挙がります。

チアシードは食物繊維がたくさん入っています。便秘解消に効果がある反面、慣れていない・多量摂取しすぎるとお腹を下す、腸の調子が狂うことが予想されます。

大事なイベントを控えていたり、もともとお腹を下すことが多い方は、チアシードを食べる量を減らす、場合によっては少しお休みした方が無難かもしれませんよ^^?

また、チアシードはかなりハイカロリーな食品です。100gで500キロカロリーと、コンビニのパンやスイーツも真っ青の数値。どこのメーカーから出ているものも「1日10〜15g、大さじ一杯程度が適量」とされているので、その量を守るようにしましょう。

早く痩せたい・健康になりたいという気持ちもわかりますが、適量を守らないと

「カロリーの摂りすぎ、場合によってはお腹を下す」ということになりかねません。

焦らず、コツコツ、気をつけながら食べましょうb

 

チアシードに副作用があるって本当?

薬のような副作用は、チアシードにはありません。

当然ですがチアシードは天然の食品ですので、食べて熱が出る・めまいがするなどの効果は現れません。

ではなぜ、「副作用があるのでは?」といった記事、サイトを見かけるのか・ですが、これは前述の摂りすぎることで起こることが「副作用」として広まった事がルーツのようです。

正しく適量を取っている場合、体を急激に壊すようなことはありません。過剰摂取による影響は、あくまでもチアシードの通常効果が発揮されすぎる事によるものです。

 

スポンサードリンク

 

安全性は大丈夫なの?

チアシードの特性に「水につけると膨らむ」というものがあります。これが、海外で窒息事故を引き起こした事例があります。

事件を起こしたのは男性ので、ゲル状に膨らんだチアシードを一気に飲み込んだとのこと。結果、喉をうまく通らず、そのまま呼吸ができなくなったのです。

また、「毒カビ」が付いているとの噂もひろがりました。これはチアシードに毒性があるわけではなく、扱っている業者の管理が行き届いていなかったため起こったことです。容器の密閉性・清潔さが保たれておらず、毒性のあるカビが発生した_という内容です。

このように、ニュースになるような事件もありましたが、

「適量を、ゆっくり食べる」
「レビューなどを確認して信頼できるものを購入する」

といった当たり前のことができれば、チアシードは安心して食べることができます。

基本的には、他の輸入食品と同じようなスタンスで購入して大丈夫な食品ですb

「信頼できない!」「メイドインジャパン以外は口にしない」という方以外は、気にせず摂ることができるでしょう!

 

あとがき

  • 食べ過ぎると良くない
  • 薬のような副作用はない
  • 安全性については海外製品のため、気になる情報も見かける。正しい購入のしかた・食べ方をしている上では問題ない

というのが、チアシードに対するネガティブイメージの実態です。

正直これらの内容は、チアシードに限った話ではありません。ドライフルーツをはじめとした海外輸入品も、度々「危ないのでは?」と言われていますが、気にし過ぎ=なにも食べる事はできません。

1調べた結果安全なものを
2正しい摂取量で食べる
3異常が出たら摂るのをやめる

という事はどんな食べ物でも変わりませんので、気にしすぎは良くない・と言えますね!

【関連記事】

話題のチアシードってどんな食べ物?白と黒があるけど…違いは何?

チアシードの効果はどんなもの?食べ方によって効果が変わります!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です