【ハイヒールの履き方】痛くない・綺麗な歩き方でモテ女に!

女性らしさアップに欠かせ無いハイヒールですが、履き方や歩き方を間違えると

・足が超痛くなる
・逆に変な立ち姿に見えてしまう。

ということにもなりかねません。

ここでは、「綺麗で痛くなら無いハイヒールの履き方」をまとめていきますので、

「ヒールで出かけるたびに足が痛くなる・・・」
「自分の履き方・歩き方で合っているの?」

という方、参考にしてみてくださいね♡

画像出典元:Emilien ETIENNE

 

スポンサードリンク

 

大股・ガニ股が痛みの元に

ヒールをはじめとしたカカトの高い靴は、大股・ガニ股で歩くと高確率で足を痛めます。これは、地面に足を置く際カカトから「がつっ」と足に負担がかかるため。

ですので、できるだけ小股でカカトからの衝撃を足に加え無い必要があります。出勤途中や急ぎの用事がある時に早足になってしまう気持ちもわかりますが、ハイヒールを履くのなら小股・ゆっくり歩きを意識したほうが良いでしょう。

また、つま先に力を入れてしまう女性も多いようでうすがこれもNGです。つま先に頼りすぎると足が凝り、筋肉痛や関節痛の原因にもなりえます。できるだけカカト→つま先の順番で足が地面へ着くよう、意識してみてください。

「小股で・ゆっくり・かかと→つま先」

ヒールで足を痛めたく無い方は、まずこれを押さえておきましょう!

以下の動画では「正しいハイヒールの歩き方」について触れています。こういったものを見ながら、「自分の歩き方は大丈夫だろうか?」と見直してみるのも大事ですね。

 

「ヒールを履くと足が痛い」にもいろいろあります。前述の動画は、主に「つま先」がよく痛む人向けといえます。

「ふくろはぎが痛くなる・・・」という方はこちらの動画を参考にしてみてください。

 

ポイントは「膝をしっかり伸ばす」ということです。背筋が丸くなっていると膝もだらしなく伸びきった状態にはなりません。慣れ無いうちは背中も疲れますが、めげずに習慣化するまで続けてみましょう!

 

スポンサードリンク

 

手も基本、振りすぎ無いよう心がける

海外女優さんがヒールで歩いている時は、手を大きく振りコツコツと歩きますよね?ただ、日常生活であの「手振り歩き」を真似し無いほうが良いです。手を振って歩くと重心がブレブレになり、結果足にかかる負担が増えます。(体を支えているのは足。体がブレるとその分足が支えようと無意識に頑張ってしまいます)

ヒールを履いている時はタダでさえ足に負担がかかります。その状態でさらなる痛みの元を加えてしまうのは、やめておいたほうが良いでしょう。

「かっこよく歩きたい!」という気持ちはもっともですが、足の痛みが気になるなら無駄に手を振ら無いように心がけてください^^;

 

そのヒール、あなたの足に合っていますか?

画像出典元:http://goo.gl/Vasm7z
 人によってつま先の形は様々。「このヒールの形、かわいい!欲しい!」と思うのは良いですが、試着せず買って足の形に合ってい無い・・・こんな事になら無いよう気をつけましょう。

ハイヒールを靴屋さんで試着する時に気をつけるポイントは以下の3つ。もし「なんかやばいかも?」と少しでも思うのならば、可愛くても・デザインが好みでもそのヒールを買うのは見送りましょう。買っても、きっと出番は無いです。

・足(つま先に形に)に合ったヒールかどうか

画像のように、自分の足とヒールの形が合っているかどうか、見比べてみましょう。ヒールの形からはみ出すような足では、指が痛くなる事は目に見えています。(無理くり履く事もできますが、高確率で痛くなります)

デザインはもちろん大事ですが、まずは「足の形に合ったヒールを買う」事が、痛みなく自信を持ってヒールを履きこなす事につながります。

・ヒールの履き口が、くるぶしに当たら無いかどうか

→くるぶしにヒールが当たると、摩擦で赤くなり皮が剥がれる事もあります。ヒールで足を痛めてしまっては意味がありませんので、くるぶしに当たるようなヒールは買わないようにしたいですね。

・足の指はある程度自由になっているか

→ぴったりとしたフィット感のあるヒールは、足を細く見せてくれる気がします。が、指が動かないくらいきついものはNG。窮屈なヒールは内側が指と擦れます。長時間のお出かけに履いていくと辛い目にあうでしょう。

店頭に合ったサイズがないのなら、ネットで探すか、入荷するまで待つようにしましょう!好みにビッタリくるヒールは「今すぐ欲しい!」と思いますが、焦ってサイズの合っていないヒールを購入しても長く履く事はできません。

 

 

グッズを使うのも一つの手

100円で買えるメイク用のスポンジを、靴の土踏まずの部分に貼り付けてみましょう。(テープを使う)こうする事によってカカト・つま先への負担が減り今までよりも快適に長くハイヒールを履いていられるようになります。

また、靴擦れが気になる箇所があるなら「絆創膏」が使えます。

「いっつもここが痛くなる・・・」という箇所に、あらかじめ絆創膏を貼っておきます。こうする事により痛みがなくなり、足の皮がこれ以上厚くなる事を防げます。

そのほか、ヒールの靴底にクッションを貼るのもおすすめ。地面と足が接触する時の「ガッ」という衝撃を和らげてくれます。上記の方法でも物足りないなら、ヒール自体を靴底クッションでカスタムしてみると良いでしょうb

大体の痛み・違和感は「メイクスポンジ・絆創膏・靴底クッション」で和らげる事ができます。どれもそこまで高いものではありませんので、「痛くて我慢できない!」という方は一度試してみましょう。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

 

まずは、歩き方から改善してみましょう。正しい歩き方を意識すると痛くなくなるだけではなく、全体の立ち姿も綺麗に見えますので、チャレンジしてください♡

グッズを使うのは効果がありますが、靴を脱ぐタイミングがある場合(小上がりの居酒屋など)、スポンジや絆創膏は少しかっこ悪い印象を与えてしまうかもしれません。ケースバイケース、できればデートや会社の飲み会以外の時に試すのが無難です(汗

痛みのない・綺麗な歩き方でヒールを履きこなし「モテ女」を目指しましょう!