化粧水は手とコットンどちらで付けるのが良いの?違いとメリットまとめ

みなさんは化粧水を手とコットン。どちらで顔につけていますか?

「手の方が暖かくて浸透しやすい」
『コットンなら顔の凹凸似合わせてフィットする」

など、いろいろな話をよく聞く、目にしますよね^^;そして、一概に「こっちが絶対に良い!」とは言えないのが現状です。

ということで、ここでは、手でつける場合・コットンでつける場合の違いやメリット・デメリットをそれぞれまとめていきます。

「自分にあった化粧水の付け方ってどんなだろう?」

こんな方の参考になれば幸いです♡

画像:rabiem22

 

スポンサードリンク

 

コットンで化粧水を付けるメリット

まずは、コットンで化粧水を付けるメリットから。

・顔にたっぷりと化粧水を付けることができる
・コットンが水分をさせてくれるので、こぼれず効果的に顔にしみこませる事が可能
・枚数を使って「コットンパック」が出来る
・顔の凸凹にフィットするので、満遍なく保湿する事ができる

という事が挙がります。

「コットンを用意する」という手順が加わる分多少面倒ではありますが、乾燥肌の女性であれば見逃せないメリットですよね。上記の事が得られるか得られないかでは、肌の質はガラッと変わります^^;

ポイントで乾燥がひどい場合、「そこだけに化粧水コットンを乗せてパックする」という使い方もかなり魅力的です。これなら、枚数を使わず気になるところだけ重点的に保湿する事ができます。

以上の事から、

「コットンに化粧水をしみこませるやり方は、化粧水を100%使いこなす・乾燥肌の方にオススメの方法」

と言えるでしょう^^bお家にコットンがある方は是非やってる事をオススメします。持っていない・という方は安く買えるところがないかチェック。たくさん入っているものでも数百円で買える場合がほとんどですので、お財布の中身を気にせず美容に取り組めますよ!

では、手で化粧位を付ける方法はどうでしょうか?次の項でまとめていきます。

 

手で化粧水を付けるメリット

手で化粧水を使うメリットは

・体温(暖かさ)が、保湿成分の浸透を促す
・マッサージと同時にしみこませる事ができる
・コストがかからない・手軽・続けやすい

という事ですね^^手の暖かさは、保湿成分をしみこませる事に一役買ってくれます。そして、たるみやシワが気になる場合は化粧水を付けた状態でのリフトアップマッサージも大事です。

美容に関する事は、続ける・のが一番大事です。「手でつける」という簡単なアクションであれば、始める前に億劫(だるく)になりにくいですし、なによりささっと済ませる事ができます。忙しい朝の洗顔後は、やはり手で化粧水を付ける方が多いようです。

「手で化粧水を付けるやり方は、挫折せず美容に取り組みたい方・時間をかけられない方・シワたるみが気になる方にぴったりな方法」

と言えますね♡

さて、コットンと手で付ける方法を比較してみましたが、どちらが魅力的に感じるでしょうか?

「どちらも魅力的だし、大事でしょ!」

こう感じた貴女は正解♡美意識が高く、綺麗になる可能性大です^^b

 

あなたにはどっちが合っているか

前項までを読んで貰えばわかる通り、結論としてはどちらのつけ方も大事・綺麗につながります。

ここで大事なのが「貴女にはどっちが合っているか?」という事。

例えば
「朝は起きてから出勤するまで30分しかない」

こんな状態の方に「朝コットンで化粧水をつけてください」・といっても、少し無理がありますね^^;遅刻しますし、そもそも毎日続けれるか?という事にひっかかります。

反対に

「今まで肌の乾燥が気になった事がない」

という方であれば、無理にコットンを使う必要はありません。保湿よりも手でマッサージをしながらリフトアップを目指す方が、時間の使い方としては正解です^^

このように

「自分のライフスタイル・肌質に合わせて使い分けるのが大事」という事が言えます。どちらのつけ方も一長一短があり、「こっちが最強!」とは言えません。

乾燥が気になる方は夜お風呂に入った後、じっくりとコットン化粧水で保湿する
じっくりやる時間がない方は、手でしっかりと付けれるよう心がける。
シワやたるみが悩みなら化粧水をつけた状態で手でのマッサージに力を入れる

「自分にはどんな使い方が合っているのだろうか?」

と、考えながら化粧水とお付き合いするのが大事。一度考えてみましょう!

 

スポンサードリンク

 

どちらもやっておけば間違いない!

とは言いつつも、どちらも大事で両方した方が良いことには越したことありません^^;女性にとって顔は命です。その命のためなら、時間を作ってでも肌をいたわってあげる必要があるのではないでしょうか?

手で付ける・コットンで付ける・・・・、どちらも見逃せない効果があります。綺麗のために頑張る覚悟があるのなら、思い切って早起きしたり、「めんどくさい」の気持ちを抑えつけてどちらも試してみると良いです。

頑張った分だけ、肌は綺麗になります。無理くり続けても長続きしませんが、「どうしても今より綺麗になりたい!!」という方は、どちらも続けてみましょう。(思った以上に最初はめんどくさい・挫折しそうになります)

肌は正直に、努力に答えてくれるはずですよ♡

 

そして、どちらも「正しい付け方である」が大前提。

「なんとなくどっちもやってるし、これで綺麗になるでしょ!」

これは、努力とは呼べませんよね^^;

100gしかない重りを毎日体につけて通勤しても、おそらく痩せません。これと一緒で、続けるのなら正しいやり方で続けないと、思ったような効果は出ないです。

コットンであれば、ケチらずたっぷりとひたひたにして、両手で満遍なくじっくりつけてあげる。パックは長い時間やりすぎない。

手で付けるなら、叩き込むように付けると肌を傷めます。じっくり、リフトアップするように・・肌をいたわりながらしみこませてあげる必要があります。

正しい方法を抑えていないやり方は、続けても効果が出ないどころか逆に肌を傷めてしまう原因にもなりえます。

続けよう!という気があるのなら、もう一つ。

「正しい方法で頑張ろう!」

も付け足してあげてください♡

▶︎化粧水をコットンで付ける理由は?使い方次第で保湿効果に差が出るかも!

▶︎化粧水の正しい付け方は?手でパッティングする時の方法&注意点まとめ

 

スポンサードリンク

 

あとがき

コットンにも手で付ける方法にも、良さがあります。そしてその良さは、どちらも美肌を目指す女子にとって欠かせないものです。

「どうせ続かない」
「どちらがいいの!?」

と迷う気持をぐっと抑えて

まずは自分に合っていると思う方から、とりあえず始めてみてはいかがでしょうか?

その一歩が1ヶ月後・2ヶ月後、あなたが綺麗になっている事につながります。

  • これだ!と思う方を選んでみる
  • 頑張ってどちらも続けてみる

そして

  • 深く考えず、まずは「始める」。

これが一番大事ですね♡