【心理】目線を合わせない男性は何を考えてる?なぜか視線を逸らす理由とは

「え、今なんで視線逸らしたの?」
『話すとき、いっつも目を合わせてくれないな・・・」

このページを見てくれている貴方は、きっとこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。こちらとしては何も考えず相手を見ただけなのに、目をそらされるとなんだかヤキモキしてしまいますよね。

そんな時一体男の人って何を考えているのでしょうか?気になってしまいます。

そうは言いつつ、相手も人間です。「目をそらす」というアクションを起こす理由は幾つかに絞る事ができます。ここでは

「目を逸らす男性の心理」や
「どうして視線が合わないのか」
という事を幾つかの事例に分けてまとめていきます。

貴女が「あ、これが原因かも・・・!」とピンとくるのは、一体どれでしょうか?

それではいってみましょう!

スポンサードリンク

 

単純に「嫌われている」ケース

まずは単純に「お前とは目も合わしたくない!」と思われているケースから。

ネガティブな女性であれば目をそらされると、一番最初に頭に浮かぶのがこれですね^^;特に自分に非がある・相手の気を悪くする心当たりがなくとも、「え、もしかして嫌われている?」と心配になる事もあるでしょう。

もし、目をそらす男性が以前は仲が良かったにもかかわらず最近目を逸らしてくる、さらに口調や態度が厳しい場合、貴女の事を「扱いにくい」「苦手」「生理的にちょっと・・・」と思っているの可能性がありあます。

男性は、女性が「これくらい大丈夫」と思っている事でも、言われたりされたりすると傷つきやすい、想像以上にナイーブな生き物です。

何気ない「え、まだ彼女できないの?」などの一言、「ちょっとあれとってきて〜」などのパシリ行為に、心あたりはありませんか?

これらは男性からすると、好きな女性からは嬉しい反面、同僚や友人レベルの女性に言われると「態度でかい」「調子に乗っている」と思う傾向にあります。

もし、目線を合わせなくなった男性と今までどおりの仲を続けたいのであれば、そのような言動を避けるようにしたほうが無難です。自分に落ち度がなかったか、一度振り返ってみましょう。

関連記事:なりたくない!男に嫌われる女の特徴・・・態度には要注意!

そして、「あの時○○って言ったから目線を合わせてくれないの?」などの「過去エグリ」もやめましょう、腫れ物に触れられると「俺、こいつに気を使われてるのか・・・」「ほっといてくれればいいのに・・・」と気分を悪くします。

そうなると自体がこじれ、話さえ聞いてもらえなくなる可能性があるので、視線をそらす理由については触れないほうが良いです。

過去の自分の失敗による「視線逸らし」は、再び目を合わせて話せる状態に持って行くまでに時間がかかります。自分が当てはまっているのであれば、時間が解決してくれる・と割り切り、これからは適度に相手を尊重するようにしましょう。(やりすぎるとわざと臭いです)

そうすれば少しづつ、以前のように目を合わせてお話をしてくれるようになります。

 

「後ろめたい何か」があるのかも?

あなたに対して後ろめたい事がある時も、男性は目線をそらします。例えば、
職場で:『仕事でミスをしたが言い出せない」
彼氏が:「貴女が買ったらダメ・と言った趣味関連の物をこっそり購入した」

お互い普通、もしくは良好な関係を気づいているのにもかかわらず、男性が目をそらす場合は上記のように「やべ・・・」という事を抱えている可能性があります。

こんな時は、探りを入れてみましょうb女性に比べ、男性は隠し事をするのが苦手です。「これかな?」という事に対して「ねぇ、あの仕事ってさ…」「この前ダメっていったやつの事だけど….」など、何気なく話を振ってみます。

当たっている場合、男性はいつもと違う口調になる・やけに饒舌になるなど、後ろめたい事を隠そうと必死になります。(この時も目をそらすケースが多いです)

そうなれば、あとはゴリ押しで白状させましょう。「隠しきれない」と思わせる事が出来れば、正直に話してくれるはずです。

そうなれば貴女もすっきり!相手も抱えていた負担がなくなるので楽になります。そして、なぜかわかったら必要以上に攻めるのはやめてあげましょう。

あまりにも追撃を激しくすると、男性が罪悪感を感じたり「この女怖い・・・」と、さらに目を逸らす原因になりかねません。

懺悔(ざんげ)したら、神のごとく許してあげる」

これも、今後も目を自然に合わせながらコミュニケーションをとるための、大事なポイントです。

 

スポンサードリンク

 

あなたの事が「好き・気になっている」ケース

いわゆる「好き避け」のパターンですね。女性からしてみると一番ドキドキする、ポジティブに考えたいパターンです^^

好きだから目を合わせられない・・・

これは、オトメン男子や恋愛経験のあまりない草食系男子によく見られる傾向です。貴女の事を気になっているからこそ「恥ずかしくて目を合わせらんねー!」や「あの時俺にいったアレ、どういう意味?」とヤキモキし、まともに目を見ての会話ができなくなっているのです。

貴女がその男性に対して行為がある場合、いつも通りの対応プラス少し多めに目線が合うようにしてあげましょう。こうする事によって相手もより貴女を意識し、こちらもドキドキを味わえます。

ただ、この手の男子は奥手のため、放っておいてもなかなかアプローチはしてくれません。ですので、発展したい場合は自分からのアクションが必要になる。という事を覚えておきましょう。

反対に好かれても困る・という場合であればいつも通りに接し、向こうからアプローチがあったとしても断る・と決めておきましょう。そして、「どうして私の事を好きになってしまったのか?」これも押さえておいたほうが良さそうです。

なにか思わせぶりな事をしなかったか?ただ見た目や雰囲気で好かれているのか?を、出来れば他の女性(共通の友達・同僚など)に相談し、今後どうするかの話を聞いてもらったほうが安心です(男性に相談するとそこから本人に話が漏れる可能性があります)

思わせぶりな態度、弄ぶような事をするとさらに相手は「え?え?いや、俺って好かれてんすか?」と勘違いをします。それはかわいそうなので、きっぱりと線引きをするのが自分と相手のためになるでしょう。

 

あなたが相手の事を「見すぎている」事も?

逆に、貴女が相手の事が気になっていてガン見しすぎている場合も、男性が目線を合わせなくなる可能性があります。

相手の事を見つめている時間が長いほど、ふとした時に目が合う確率も高くなりますよね?ただ、どんな男性でも、女性と短時間の間に目がなんども合う・というのは少なからず気まずさを感じてしまいます。

逆に、貴女が好きでもない男性と目が何度も合う事を想像してみてください。「ん?なんだろ、ちょっとやだな・・・」と思い、視線を外したくなりませんか?こういった感情を相手に抱かせてしまっているかもしれない・という事です。

やりすぎる(男性のほうを見すぎる)と、「なんかあの子、最近俺の方めっちゃみてくるんだけど、なんだろうな」と、男性の間で言われてしまう事にもつながります。

好きだから見てしまうのは仕方がありませんが、見過ぎると「逆に引かれて目を合わせてくれなくなる」という事は憶えておいてほうが良さそうです。

 

恋愛に「視線」を有効活用するには?

気になる男性に「好きですアピール♡」する際、視線の送り方、タイミングは武器になります。

ポイントとしては
「話す時はしっかりと目を合わせて」
「少し上目使いで」
などいろいろありますが一番は

相手がこちらを見るであろうタイミングで、貴女もしっかりと男性の方を見る。

という事。要するに「この子とは周波数が合うな」と思わせるのがコツです。

ずっとガン見していると、前述の通り引かれる可能性があります。ですので、相手が話を始める瞬間に・さりげないタイミングで必ず目線が合うように心掛けてみましょう。

一回では効果がなくても、積み重ねていくうちに「この子は自分が話をする時、ちゃんと目を合わせて聞いてくれている」と好印象を持たせる事ができます。

シンプルですが、どんな小手先のテクニックよりも真面目で効果のある方法ですので、コツコツと試してみてください!

 

スポンサードリンク

 

あとがき

このように、目線を合わせない男性の心理は

  • 貴女の事が好き
  • 貴女に対して後ろめたい事がある
  • 貴女の事が苦手・嫌い
  • 貴女が見すぎて相手が気まずさを感じている

の、どれかです。

自分が当てはまっているのはどのパターンだと思いますか?もし、視線を合わせてしっかりとお話しがしたい・と思うのであれば、前述の対策方法を試してみましょう。

「いきなり馴れ馴れしくする」
「自分の事が好きな男性に冷たくする」
のようにあまりにも極端な行動を取ってしまうと、逆効果になり一層目を合わせてくれなくなる可能性もあります。少しづつ、じわじわと関係がよくなるよう、頑張ってくださいね!

【その他の記事】

▶︎街コンに女子が一人参加は雰囲気的にアリ?ナシ?出会いが欲しいなら攻めて!

▶︎街コンで狙った男をゲットする!ウケの良い女性服装・ガチで引かれそうな服装

▶︎「爪垢たまりやすい女子」は臭いから嫌!知っておきたい原因と取り方

▶︎鼻の脂がテカるの嫌!原因・対策方法を抑えてマット鼻を目指す
▶︎かわいい部屋着が欲しい!絶対注目の人気ルームウェアブランド7選
▶︎【セルライトの潰し方】音が鳴る・はデマ!正しい潰し方のポイントは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です