【バナナダイエット】朝と夜、どちらで食べるのが良いのか?

ここでは、

「バナナダイエットって朝と夜、どちらでやれば良いの?」という事についてまとめていきます。

どちらのタイミングにもよさがあるので、自分にあったやり方で始めてみましょう!

photo by Epiphonication

 

スポンサードリンク

 

 

朝バナナダイエットのメリット

朝に食べるメリットとしては

「バナナ自体が食べやすいので朝食に時間がかからない」
「起き抜けの食欲がない状態でも適度にエネルギー摂取がしやすい」
「お通じが良くなり、お腹周りがすっきりしやすい」

という事が挙げられます。とくにお通じに関しては、朝の方が効果を実感しやすいようです。快便が続けば痩せるだけではなく、肌も綺麗になっていくので嬉しいですね。

そして、朝バナナを食べる事によってお腹が減りにくくなり、午前中、「仕事の合間に小腹が空いてお菓子に手を伸ばす….」という事も少なくなるでしょう。

朝バナナを食べる事は「健康に、無理なく痩せる方法」だと言えます。

 

夜バナナダイエットのメリット

では、夜バナナを食べるのはどうでしょう?結論から言うと、「しっかり痩せたい!」という場合は夜の方が良いという意見が多いです。

これは、バナナに含まれる成分の働きのため。バナナには「ペクチン」「カリウム」という成分が含まれていますが、カリウムはむくみ防止・そしてペクチンはコレステロールの吸収を穏やかにしてくれる効果があります。

人間の体は、夜に脂肪を吸収します。ですので、夜ご飯に油っぽいものばかり食べると太る・という事です。

これをバナナに置き換える事によって太りにくくなるだけではなく、前述のペクチンの働きで余分な脂肪が体に入りにくくなる・という事です。

「余分な脂肪分をシャットアウトし、朝のむくみも防止できる」

これが、夜バナナダイエットの特徴だといえるでしょう!

 

スポンサードリンク

 

結局どちらが良いのか?

「どちらのタイミングでバナナダイエットに取り組むのが良いのか?」

これは、その人のライフスタイルや重視する点にもよります。

午前中の余計な間食をやめたい・トータルで綺麗になりたい・という方は、朝の方が良いのではないでしょうか。

また、夜バナナにすると、

朝抜き・もしくは普通の朝食
↓↓↓
昼お弁当
↓↓↓
夜バナナ

となります。「1日のうちどこかではしっかりとした食事をと摂りたい!「という方も、朝のうちにバナナを済ませ、夜は普通に食事を楽しむ・とい流れの方が良いかもしれませんね。

反対に、現在の体型・体重にコンプレックスを感じている方は夜にバナナを食べ、しっかりと痩せるようにした方が良さそうです。その場合は、しっかりと朝食をとるようにしましょう。朝抜きで昼は軽食、夜バナナ….では、痩せたとしても体調を崩してしまう可能性があります。

このように夜バナナダイエットをする場合は、他の食事をある程度しっかりとる事が大事になるので、朝は余裕を持って起き朝食を食べる・お弁当をちゃんと作る・という事が必要になってくるかもしれません。

いずれも一長一短があるので、あなたの生活習慣やどれくらい痩せたいかに合わせて試してみましょう!

 

あとがき

個人的には、無理なく健康的に続けやすい「朝バナナ」がオススメです。

しかし前述の通り、朝と夜・どちらが良いとは言い切れません。であれば、どちらも試してみるのはどうでしょうか?まず朝と夜両方試してみて、自分がしっくりする方法を続ければ良いと思います。

どちらにしても続ければ少しづつ痩せられるダイエット方法であることには変わりないので、色々と自分なりのバナナダイエット(昼食べてみる・ジュースにしてみる・おやつをバナナにするところから始める等)を考えてみるのも楽しいと思いますよ!

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です