鼻の脂がテカるの嫌!原因・対策方法を抑えてマット鼻を目指す

鏡を見たときに

「え、鼻が光り輝いてんだけど、なんで!?」

こんなことありませんか?

鼻はテカリ易い部分ですので、何もせず放っておくと知らないうちにテカテカしてしまいます。もし、合コンやデートの時になっていたら、最悪ですよね。

ここでは、鼻のテカリの原因や対策方法を詳しくまとめていきます。

「いつも鼻がテカってる・・・もう嫌!」

「脂っ気がひどい。対策方法は?」

という方、この記事を参考にしてみてくださいね♡

 

スポンサードリンク

 

そもそも、鼻がテカる原因って何?

「時間が経てば経つほど、鼻がテカリ輝く・・・」

こんなことに悩んでいる女性には幾つかの共通点があります。それは

・食生活が脂っぽいもの寄りになっている
・テカリを気にして脂取り紙を頻繁に使う
・化粧でガチガチに鼻をコーティングしている
・洗顔のとき、テカリを気にしてガシガシ洗う

などが挙げられます。

脂取り紙やメイク、しっかり洗顔することは、なんとなく鼻を綺麗に見せることにつながる気もします。

ですが、それは間違いです。外部からの余計な刺激は、反対に鼻をギトギトにしてしまうので、やめましょう。(特に脂取り紙は取れた脂が見えるので「綺麗になった!」と思えますが・・・使いすぎは厳禁です)

鼻はただでさえ皮脂腺(脂が出る穴)が多い上、敏感です。以上のことが当てはまっているうちは、鼻のテカリを解消することは難しいと言えますね^^;

では、どうすれば鼻の脂を抑えテカリとさよならできるのか?

それを以下でまとめていきます!b

 

テカテカ対策はどうしたら良いの?

上記に挙げた「テカる原因」を、一つづつ解決していく必要があります。

今からやって一番効果が早く出る・わかりやすいのは、洗顔やメイクを見直すことです。

鼻がテカリにくい洗顔のポイント

貴女は今、顔を洗うとき泡をちゃんと立てていますか?

洗顔フォームや石鹸は、顔につけてただこすっても毛穴を綺麗にはしてくれません。しっかりとした泡(ふわふわでモコモコの)で洗って初めて、効果を発揮します。

ですので、まずはちゃんと泡立てをするところから始めましょう。

そして、泡を転がすように優しくこすります。ガシガシしてしまうと鼻が「刺激強っ!」と反応し、皮膚を守ろうと脂を出してしまうのでやめておいたほうが良いです。

洗い終わったら、化粧水や乳液をつけることも忘れずに^^肌に適量の水分と油分があれば、鼻から必要以上の脂が出てくることは少なくなります。

メイクで気をつけること

「鼻をテカらせたくない!」

そう考えると、思わずカバー力の強いリキッドファンデや、厚塗りに逃げてしまうのもわかります。ですが、これも鼻を刺激して脂が出る量を増やすのでNG。テカらせないためのメイクが、逆効果になってしまうのです。

ですのでメイクは

「乗せすぎない・薄塗り重視!』
「リキッドではなくパウダーを使う』

ということが大事になってきます。

初めのうちは「こんなんで本当にカバーできるの?」と不安になりますが、大丈夫。

前述の洗顔方法と合わせて続けることで、鼻がテカリにくい状態に少しづつ生まれ変わります。←これが最終的な目標。一番楽です!

人によって差はありますが、「今まで何であんなに厚塗りしてたんだろう」と思えるほど鼻が扱いやすくなるので、頑張って続けてみてください。

ファンデと鼻脂が混ざったテカりならぬ「ギトギト鼻」はもう卒業しましょう!

 

スポンサードリンク

 

食べ物はどうすれば良いか

脂っぽい食事が体の中に脂分を増やし、塩分・糖分の多い食べ物は脂を排出しにくくします。

1・血液中に油分が増える
2・体が皮脂腺から脂を排出しようと頑張る
3・皮脂腺が多い鼻から大量の脂が出る

という悪循環があなたの鼻をテカらせます。

対策は単純です。食生活を見直しましょう。

まで食べていたお菓子をやめて、料理に使う脂をカット。ついでにサラダを食べて血液をサラサラになるよう心がけます。これは鼻脂が減るだけではなく、体臭や肌のくすみ予防にもなるので、ぜひやってみてほしいポイントです。

鼻脂対策に限った話ではないですが、脂っぽいものは体にも悪いので控えましょうね(汗)^^;

 

スポンサードリンク

 

あとがき

  • 必要以上に鼻を触らない・刺激を与えない
  • 洗顔はしっかり泡立て優しく
  • 化粧水や乳液をちゃんとつける
  • メイクは薄く。パウダーがマスト
  • 脂を極力減らした食生活を送る

これが、鼻テカリ対策の基礎の基礎と言えます。色々な対策グッズなどがありますが、上記を抑えておけば効果が少しづつ出始めます。まずはものに頼らず、できるところからすぐに初めてみましょう。

鼻の脂は放っておくと、ニキビや炎症にも繋がりかねません。ここでテカリとおさらばする事はあなたのこれからの美しさに関わるので、しっかりとケアしていきましょう♡

【関連記事】

「爪垢たまりやすい女子」は臭いから嫌!知っておきたい原因と取り方

頬の毛穴をなくす!ボコボコ毛穴を引き締めてダメ肌を解消する方法

重曹入浴剤で美肌を目指す!効果が得られる作り方・適量はこんな感じ

化粧水の正しい付け方は?手でパッティングする時の方法&注意点まとめ